コンテントヘッダー

今度は、感想のメッセージが届きましたよ

とくに目立っていたのはサンタさんの格好をした大手筋パレードの女性たち。
マスコミのカメラが集中していました。
やはり目立ったもんが“勝ち”ですね。
 
もうひとつ目立ったのは若いママさんや学生たちの姿です。
子どもを放射線から守ろうと福島から自主避難してきたママさんたちは、
この日初披露のウインドブレーカーを着込んで参加しました。

「シュプレヒコールってどういう意味?」と問いかけていたのは女子学生。
「確かドイツ語だったと思うけど…」なんてあやふやに答えておいたのですが、
あとで調べると、ドイツの演劇用語で「声を合わせる」表現方法をさしていたようで、
それを「さぁ一緒にスローガンを唱和しよう」という掛け声として日本のデモで使われるようになった、とのこと。いやぁ、勉強になりました。
 
戦前の大本営発表にだまされたように、
「原発は絶対安全」とだまされてきた私たちは、
「もうだまされまい」と意志表明するときでしょう。

そんな場がひとつユニークなかたちで提供された、と感じました。 (Yさんより)


いのち パレード

 (写真はMさんより届きました)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふしみ原発ゼロパレード

Author:ふしみ原発ゼロパレード
<次回パレード>11月18日 土曜日。13:30伏見港公園に集合。


京都・伏見で原発ゼロをめざして毎月歩いています。
「Parade or No Nukes ?」
ぜひ、ごいっしょに!!

<次回パレード/企画>
10月のパレード、無事終了しました。雨の中集まってくださった皆さん、ありがとうございます。
表面-3_convert_20171004024425
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク