コンテントヘッダー

6月講演会「守田敏也さんに学ぶ『原発事故・避難計画』」

6月の企画が少しずつ決まって来ました。

というわけで企画の概要をば。。。

日時:6月28日(日)13:00開場 13:30スタート
場所:龍谷大学深草キャンパス

主催:原発を考える伏見フォーラム

そして今回のテーマ
福島原発事故から4年
守田敏也さんに学ぶ「原発事故・避難計画」
 〜あなたの大切なものを守るために知っておいて欲しいことがあります〜


タイトル長っ!ええいっ、長いっ!

いや、毎年毎年この企画、比較的長めのタイトル、みなさんもう慣れっこでしょ?違う?(f^^;)

にしても、ちょっと意味深なタイトルではありませんか?

でもね、決して大袈裟ではないと思うのです。

メインに来るのはタイトル通り守田敏也さんの講演です。
この6月企画ではおなじみのジャーナリスト守田敏也さん。守田さんは原発についての様々な発言がある一方で兵庫県篠山市の原子力災害対策検討委員会の委員も務めていらっしゃいます。

篠山市と言えば原発から50キロという場所でありながら、今年の2月に甲状腺被曝を抑える安定ヨウ素剤を全市民に事前配布する、と発表して話題になった場所。
そのニュースだけ聞くとビックリですが、篠山市が原子力災害対策検討委員会を置いたのは震災の翌年。早くから、万が一事故が起きた時の具体的な避難計画の策定や市民レベルでの防災学習の取り組みなどが進められています。

確かに今、原発は動いていないし、私たちはなくしたいと思っています。でも、原発はまだ存在していてそこに核燃料もあれば、再稼働の可能性だってある。そして、原発の安全神話が崩れた2011年のあの事故。
とするなら、原発についての賛否以前に、今ある原発が事故を起こした時にどう行動しなくてはいけないのか?ということを考える事こそ現実的なのではないでしょうか。篠山市のように。

ところが、原発30キロ圏内でも4割の自治体が避難計画未策定。京都もご多分に漏れず。。。
んじゃ、実際に若狭湾で事故ったらどうする?え、どうする?
おどかすわけではないけれど、そんなんパニックですよきっと。(>_<)

だから、今回のテーマは「原発事故・避難計画」デス。
篠山市の原子力災害対策検討委員会の委員でもある守田さんに「原発からの命の守り方」を教えていただきたいと思います。

#内容は一応予定でございます。詳細・変更などありましたら随時お知らせいたしますです

と、いうわけで、引き続きお誘いです。

この6月の企画「原発を考える伏見フォーラム」(正式名称決定しました♪)は有志による実行委員会という形で運営していきます。そんなわけで、単に講演会に参加して話を聞くだけじゃなくて、実行委員会みたいのに積極的に参加してみたい!というココロあるみなさまへの呼びかけです。
実行委員会のミーティングがありますので、是非おこしくださいませませ。

次回
 5月 1日(金曜日)19:00〜(キンカンのあと)
その次
 5月10日(日曜日)15:30〜(パレードのあと)
さらにその次
 5月23日(土曜日)14:00〜

場所は 京都南法律事務所(伏見区御堂前町617−1 山京桃山ビル3F)

参加資格は。。。特にないです(^^)<情熱だけでOK!
突然思い立っての当日参加でウェルカムでございます。
我こそは、と思うみなさまの(思わないみなさまも)参加をお待ちしております。

ふしみのパレードみたいに毎月毎月ずーっとやるのとは違って6月までの期間限定実行委員会、お気軽に是非。(^o^)/
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふしみ原発ゼロパレード

Author:ふしみ原発ゼロパレード
<次回パレード>11月18日 土曜日。13:30伏見港公園に集合。


京都・伏見で原発ゼロをめざして毎月歩いています。
「Parade or No Nukes ?」
ぜひ、ごいっしょに!!

<次回パレード/企画>
10月のパレード、無事終了しました。雨の中集まってくださった皆さん、ありがとうございます。
表面-3_convert_20171004024425
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク