コンテントヘッダー

<聞け『ふくしま』の声>の感想など。。。

月も改まりまして、7月。
来週はパレードだとか、選挙がはじまったとか、ゆーてるというのに、、、、
半月前のお話をぶり返すのも恐縮ではありますが、6月15日の講演会、協力いただきました皆様にお礼をあらためて申し上げます。

さて、アンケートで多くの感想をいただいておりましたので、いくつか紹介させていただきたいと思います。


◆守田敏也さんのお話

・要領よくまとめられていて、初心者にもとてもわかりやすい説明でありがたかった。
・具体的にどう考え、どう行動するべきなのか示してくださり明解でした。
・難しい言葉や文章のあふれる中、どこに目を向けたらいいのか分からないのが正直なところでありますが、注意すべき点、考えなくてはならない点をお教えいただき感謝しております。
・知らないこと、不思議なことが沢山です。
・事実をもっと知らなければ、と思った。
・思った以上の深刻な放射能の被害を改めて知りました。
・「福島市は人の住んではいけない(線量)」という主張を声で聞いたのは初めてです。
・防災の心構えとして「個人の防災協定」を結んでおくようにとの提言は初めて聞きました。早速取り組みたいと思いました。
・2年以上がたち、ついつい放射能のこわさを忘れかけていた。汚染が関東までの広い範囲に渡っていることもあらためて知り、原発との共存はあり得ないと言うことをもっと知らせる必要があると思った。
・普段のニュースでは分からないことが明確に分かった。
・私達の安全は私達の手で守っていかなければならない事が分かりました。
・私達のこれからの生き方が問われていると思います。
・なぜ福島で子供を放射能から守る体勢が取られないのか?
・避難の権利の話にびっくり。人間としての権利なんだ。
・人権問題にまでなっている以上、政治を変えるのは当然ですが、私達一人一人の動きが今後重要になってくる気がしました。
・時間が足りなかった



◆4名の方々のお話、メッセージ

・福島に住んでおられた方々の話をたくさんお聞きし、改めて原発はこわいものだなと実感しました。
・現地の人たちの生の声に胸が痛んだ。
・言葉がひしひしと重みのあるものでした。とても心に響く。
・橘さんの話には泣かされました。荒木田さんの話には現実のシビアさをつきつけられました。加藤さん、勇気をもって行動してくださりありがとう。青田さんから母の気持ちが伝わりました。
・最後の青田さんの詩「私の思いと同じだ!」と強く感じました。泣かされました。
・荒木田さんの言葉「放射能を人に強いることになる立場に立つのか、そうでないのか」と言うことを、行動したり話したりする時によく考えていきたいと思います。
・「取り返しのつかない事故、事態が起こってしまった」現実を原点に考えると言うのは全く同感です。
・自主避難者を「正しいことをしている」として支持することが大切であるとの指摘。「みんなの脱被曝を」はいいスローガンだと思います。
・いろんな状況の中の人達に、等しくどう支援するのかということを考えさせられました。そのもとには今の政府のなしくずしのやり方がある。
・現地の人たちが今もそのまま住み続けているということがショックであり、政府の無責任さと東京電力の酷さを感じた
・メディアでは知れない福島の真実が聞けてよかった。
・理不尽なことが余りにも多い。本当のことを知る目、耳を、感覚をもちたいと思いました。
・放射能は恐ろしい、と正直に言えない町は、国は、民主主義国家とは言えない。
・貴重なお話、一人でも多くの知人・友人・家族に伝えていきたいと思います。
・当事者の想いをもっと知りたい。
・「責任をもつ」ということを今更強く感じます。平和利用にばかり目が向かっていた自分をおおいに反省しています。
・人ごとでないこと、日本におこった自分のことと受けとめ、共にしっかり考えていきたいと思っています。
・少しでも協力できることあれば、よろこんでやっていきたいと思います。



◆企画について

・福島の方々の声がなかなか聞けない中、大変勉強になりました。
・慣れるということのこわさを忘れないいましめにしたいです。
・どうしようもないジレンマに陥りますが、何度でも続けてアピールしていく必要を改めて認識
・こういう機会がふえ、たくさんの人に真実がわかればよいと思いました。
・原発反対の姿勢は、今までの日本人のぜいたくな生活をまず変えることだと思います。いまだに過剰なクーラーを受け入れている。この部屋でも、電車の中でも。
・せっかくの企画なので、時間の割当をきちんとしてほしかった。
・参加者からの質問の時間設定をして欲しかった。




他にも多くの感想をいただきました。
ありがとうございます。
いくつかをピックアップして掲載させていただいております、ご了承ください。

またこの先も、(原発が存続する限り)パレード以外の企画をさせていただくことがあるかもしれません。その時には今回寄せていただいた意見も参考にさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

私は、山梨に住んでます。
「原発ゼロ」
ひとごとではありません。
浜岡原発!
東海沖地震で福島と同じような事が起きれば
山梨にも当然放射能が・・・。

山梨では、メガソーラー発電所がすでに
何機も、稼働していますが
まだまだ足りない。

パレードとともに
代替エネルギーの
提案もしていったらどうでしょうか?

Re: 初めまして

コメントありがとうございます。

そうですね。
確かに、代替エネルギーについて考える事は大事だと思います。

勉強しなくちゃいけないところかもしれません。
原発ゼロの主張を広げるきっかけにもなるかな。
プロフィール

ふしみ原発ゼロパレード

Author:ふしみ原発ゼロパレード
<次回パレード>9月9日 土曜日を予定しています。ただいまふしみパレードはサマータイム。5時スタート。


京都・伏見で原発ゼロをめざして毎月歩いています。
「Parade or No Nukes ?」
ぜひ、ごいっしょに!!

<次回パレード/企画>
8月のパレード、無事終了しました。
表面-2_convert_20170725000207
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク