コンテントヘッダー

6/28講演会のアンケート大公開!

(↑何が「大公開!」なんでしょう?大袈裟に書けばいいってもんじゃないてのにまったくねぇ。てへっ)

さて、さる6月28日。ふしみパレードメンバーも加わって龍谷大学で開催しました、
「福島原発事故から4年  守田敏也さんに学ぶ『原発事故 + 避難計画』
~あなたの大切なものを守るために知っておいて欲しいことがあります~」

たくさんの参加とご協力をいただきました。あらためましてお礼申し上げます。

H1Alt90QlK-sL0hk3-kO9rmxOtOUYGr6z-ZZmC-W7w0_convert_20150730101342.jpeg
<お話しする守田さん>

今後の参考の為に、という事で当日参加された皆さんにアンケートをお願いしておりました。
そのアンケートで寄せられた意見などをここで紹介さ背ていただきたいと思います。

※同じようなの意見はまとめたり、意味がわかりやすいように一部をコチラで変えたりした部分があります。ご了承ください。「私の書いたのが載ってない!」とか「そういう意味で書いたんと違うし!」といったクレームには速やかに対処しますのでお知らせください。m(__)m

◆本日の企画は、どのようにしてお知りになりましたか?
・知人に聞いた(6)
・チラシを見て(14)
・FB・ブログ・ツイッターを見て(6)   
・その他(1)

◆守田敏也さんの講演について

*科学的でかつ日常的なお話。極めて為になるお話。
*わかりやすく、歯切れよく、はっきり話してくださるところが気持ちいいほどよかった。安全基準、風評被害等、私たち市民が誤解している事が多いです。
*数字を用いた説明があり、とても理解しやすかったです。守田さんのお話は、時に笑いを交えて話してくださって理解しやすくてよかったです。
*的確に頭にすっと入る内容のお話。まさに正常性バイアスにとらわれている我が身をふりかえりました。
*災害全般について考え方を示していただきたいへん勉強になりました。ご著書の刊行を楽しみにしております。
*具体的な災害とむすびつけての話、身近な災害への危機感を感じた。
*災害時の人の心理や避難のやり方は非常に参考になりました。
*自分の身を守るには、いち早く逃げること、ハザードマップを過信しすぎないということを学んだ。
*「とっとと逃げる」「率先避難者たれ」心します。
*今の内にやらなければいけないこと。話し合ったり、考えておかなければいけない事が分かって大変勉強になりました。忘れてはいけないことを思い出す事ができました。
*自衛隊は災害救助隊(サンダーバード)へ! 国防より今の現状(災害で苦しんでいる人)を助けることが先ではないだろうか。国会中継をみていると国は国民の生活を守ってくれないと腹だたしい思いでいっぱいです。
*為政者の立場でなく、被害者の立場からの話し。重要だと感じました。
*篠山市の方々の取り組みのすばらしさに感心致しました。
*原発の恐ろしい事実が、いかに国民に知らされてないか。知ったなら、自分なりに何か行動を起こさなければ、じっとしていられない。今の日本の現実を皆に知ってほしい。
*人類は放射能を制御できない。今後も廃炉の中で放射能がたくさんでてくる。
*初期被曝から逃げることがいかに大切か、放射性ヨウ素のこわさをアピールすべきだと実感。
*質問にていねいに答えて下さってありがとうございます。震災1年後から毎年岩手沿岸部に観光支援に行っています。(以前からよく訪れていたので)高台移転もまだまだ80歳の1人仮設住まいの女性が家を建てられる日を待っておられる現状を知ってほしいです。
*自分の五感と判断をとぎすますことが大切だと思いました。
*まだまだ話し足りないようですので、又の機会を期待しています。
*大変わかりやすかったですが、もう少しもの足りないと思いました。
*昆布のこと、憶えておきます。
*守田さんの話は、いつどこで聞いても新しくて事実にコミットした迫真性、刺激に満ちていてありがたいです。書かれた本、買って独立した娘たちに「プレゼント」します。

◆目黒とみ子さんのお話について

*初めて被災者のお話を聞き、胸が苦しくなりました。
*淡々と語られる辛いご自身のことなど、心にしみました。これからもがんばって下さい。私たちは忘れませんよ。私もがんばります。
*実際の状況が目に浮かぶようにわかりました。被害者側の感情や感覚を少しでも共有できないか、と感じました。自己満足でしかないかもしれませんが。
*実際にテレビで聞くような話よりも臨場感や力強さが伝わってきて、被災者の辛い経験がよく分かりました。今日は本当にありがとうございました。
*胸がつぶれるような、ズシズシと入ってくる当事者の体験談を聞いて、他人事ではない、明日は我が身、日本人全体にかかわる貴重な話を聞かせていただきました。
*忘れないこと、大切だと改めて感じました。
*住家・住処をうばわれた人達の苦しみは想像以上の事で、私達がその苦しみをどれだけ負うことができるのでしょうか。
*長い長い詩をきかせていただいた様な気持ちです。よどみない素朴な語りの中に、静かな(強い)怒りを共有させていただきました。
*語っていただいた内容、ショックでした。あまりにも静かで、しかし、たんたんとした語り口だったから…絵もショックでした。
*原稿も見ず、詩的に語られる、目黒さんりっぱ。感動的でした。まだまだ、風化させてはいけない!
*ニュースやインターネットで見た津波の動画や水素爆発の映像を思い出しました。避難された方の気持ちは察しきれるものではありませんが、メディアでは伝えきれない、貴重なお話ありがとうございました。
*オリンピックの誘致の時の安倍首相のスピーチを最近思い出していました。国民の生活を無視して、向き合わない国や政府の姿がすべてにおいて露出していると思う。
*遠いところありがとうございました。新たな怒りと福島東北を忘れないで頑張ります。
*事態の重大性がひしひしと伝わります。次はどう支援に関われるかですね。
*真実を伝えあう者同志であることが最も支えあうことである。
*もっと現状を知る必要があると思った。
*東電難民、その通りですね。お身ご自愛ください。
*目黒さんのお話しは自分の言葉に近く感じました。
*京都まで来ていただき、本当にありがとうございました。本当はもっと時間をかけて、お茶会のようにお聞きしたいと思いました。ご自身の当時のお気もち、何度も転居されたご苦労、3.11以前は原発は安全だと思われていたのかどうかなど。

◆報告・交流の時間について

*それぞれの立場でのお話よかったと思う。行政へのアピール、もっと広げられないかと思う。
*被災者の方が、自らが先頭に立ってがんばってられるのが心強かったです。そうしたら、私たちは応援することができる。
*高木さん、加藤さん、一緒に頑張りましょうネ
*いろいろな問題がつながっていることがわかりました。
*宮津のことは知りませんでした。避難者の方に寄りそうことを、もっと考えたいと思いました。
*宮津市での「中間処分場計画」なんとしてでも白紙にしよう。
*原発に対する「安全神話」が、また作り始められていることがよくわかりました。
*市民主導でヨウ素配布や原子力発電再開に反対や要望をしていくことが大事だと思います。京都市議会は住民の立場にたって守田敏也さんをまねくべきだと思います。
*子ども・被災者支援法の完全運用は当然のこと。
*事故の過小評価、支援うち切り…とにかく現政権ユルセナイ
*脳みその整理整頓ができました。
*メッセージタイム、4人の方は少し多いかなと思いました。
*短かかった…かな。

◆本日の企画内容や進行について

*進行がスムーズで素晴らしく、頭に入りやすく非常にわかりやすかった。
*「原発避難のお話を聞いて、感謝すべき、ありがとうを言うべき」の言葉にハッとさせられました。
*質問コーナーが用紙なのが良かった。
*若い者の力を評価された守田さん、企画者、進行者の姿勢が伝わりました。
*勉強になりました。周りに合わせずに、危険を感じたらその直感に従っていいんだ、と思えて避難する勇気をもらいました。あと、簡単でいいから、英語でも、デモのツイート拡散しようかな、と思います。
*いつも元気をもらって帰ります。ありがとうございます。
*あっという間の時間でした。
*ここでの会は初めて参加しましたが、ていねいでわかりやすくてよかったです。
*今回の勉強会に出席させて頂いた事に感謝致します。これからも出席させて頂きたいと存じます。
*若者の参加が少ない。なぜか、参加しにくいのか?(一番被ばくして害をうけやすく、一番知っておくべき人々なのに)
*学区の防災(自主防災)に働きかけます。実は、昨年末「桃山エコ推進委員会」(任意団体)を仲間と立ち上げました。防災グッズとして使えるロケットストーブ(コンロ)を実演・自作し始めています。
*会場も素晴らしく、学校のご協力、スタッフに感謝します。

◆今後、とりくみたい(とりくんで欲しい)ことについて

*支援しやすい「励まし」が目にみえるもので表せたらと思うが、何かないか?!
*今後も様々な所で守田さんには講演をしていただき、原発の危険性、対策についても、より多くの人に知識をひろめていってほしいです。
*同志社大学でもぜひやってほしいと思います。
*パレード、学習会、集会、このまま続けていってほしいです。すべての参加は無理ですが、続いている事が分かれば参加しやすいです。そして、いつまでも忘れずにいられます。
*自主避難をしている人たちとすでに帰って住んでいる人たちの分断をゆるさないで、共に未来のために頑張ることが必要ですと思います。
*今回のような主旨の企画を再度、期待しています。
*よしもと芸人のおしどりさんをよんで下さい。有料でOKです!
*忘れてはいけないと思いつつ、根っこは同じと思いつつ、安保法制関連の大きな動きに流されている。あまりにもいろんなところでふき出しているもの…。しかし定期的に頭にガツンと来るものが私には必要だとしみじみ思った。ありがとうございました。
*「原発反対」などを声に出したり、パレードに参加すると、すぐに「左翼」といわれる。そういう偏見をなくし、気軽にノンポリシーの人も参加しやすくなる運動、活動の仕方を知りたい。




ふしみパレードは今後も講演会や勉強会を続けていきたいと思っております。アンケートの結果など参考にさせていただきたいと思います。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
プロフィール

ふしみ原発ゼロパレード

Author:ふしみ原発ゼロパレード
<次回パレード>5月20日 土曜日を予定しています。


京都・伏見で原発ゼロをめざして毎月歩いています。
「Parade or No Nukes ?」
ぜひ、ごいっしょに!!

<次回パレード/企画>
5月のパレードは20日の土曜日です。
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク